マイクロソフトオフィスエキスパートの資格試験

マイクロソフトオフィスエキスパートの資格試験

マイマイクロソフトオフィスエキスパートの資格試験は、MOSエキスパートともいわれています。
MOSとは、Microsoft Office Specialistの略で、マイクロソフトのMicrosoft Officeに関する資格です。
この資格にはスペシャリストというレベルもありますが、エキスパートはスペシャリストよりもうえのレベルとなります。
具体的にいうと、スペシャリストレベルと合格するのに必要な知識や技術を持ったうえで、更にそれを深く応用する知識と技術を持っていることが証明される資格です。
資格試験を受けるのに必要な受験資格などはないので、誰でも挑戦することができるのも魅力です。
Microsoft Officeといっても、エクセルやワードなどの種類がありますが、これらすべてについての知識や技術が求められるわけではありません。
1科目ごとに資格が認定されるので、自分が資格を取得したいソフトだけを選択することが可能です。
同一バージョンで所定の計4科目に合格するとMicrosoft Office Masterという称号を手に入れることができるのですが、これは就職活動などでも有利に働く称号だといえるでしょう。
自分が資格試験を受けようと思っているソフトのバージョンと難易度をよく確認、検討したうえで資格試験を受ける必要があります。
勉強方法や選択するスクール、参考書籍なども変わってくるので、間違わないように注意しなければなりません。